保育園の特徴

☆充実した職員配置

クラス・配置 担当者総数 保育室の通常配置
(平日9:30~16:00)
0歳児(10名) 保育士 5名 保育士 4名
補助員 1名
1歳児(12名) 保育士 4名 保育士 4名
2歳児(12名) 保育士 4名 保育士 3名
3~5歳児(18名) 保育士 3名 保育士 2名
3~5歳児(18名) 保育士 3名 保育士 2名
要支援児加配 保育士 1名 保育士 1名
フリー 保育士 2名
補助員 2名
-
給食室 栄養士 3名
調理員 1名
-
事務室 看護師 1名
事務員 1名
園 長 1名
-

 わかたけかなえ保育園では、【保育=子どもたちが生活する環境を整えること】と考えています。
 そして、保育環境の中で最も重要なものは《人的環境》です。職員個々の能力はもちろんのことですが、保育においては「目の数、手の数」は非常に大きな要素となります。子どもたちを追い立てることなく、放置することもなく、じっくりと見守ったり、落ち着いて話をしたりするためには、定められた職員配置基準では足りません。
 当園は、70名の定員に対しまして、120名定員相当の職員数を確保しています。その結果、「子どもたちのペースを尊重した保育活動を進める」「家庭と連携しながら、個々の発達をじっくりと促す」といったようなことを具体的に実践することができて、子どもたちが非常に落ち着いて日々の生活を営むことができています。
 また、同業他社と比較しまして、職員の定着率が非常に高いというところも特徴の一つとして挙げることができます。個人の保育観が理念・方針に相反したり、健康や転居などにより就業の継続が困難となったり、事業者の努力では引き留めることのできない離職もありますが、知識・技術の積み重ね、意識の共有化など保育の質の向上のために、定着率のレベルを保っていきたいと考えています。
 そうした実績が評価されまして、2018年には「いたばし good balance 会社賞」を受賞しました。私たちが保育者として働く姿は常に子どもたちに見られているということを十分に自覚して、ワーク・ライフ・バランスやダイバーシティ&インクルージョンの推進に積極的に取り組んでいます。

わかたけかなえ保育園職員定着率算定表
いたばし good balance 会社賞


☆広々として落ち着いた雰囲気の保育室

 当園は敷地は狭く、地べたの園庭もありませんが、子どもたちが長時間生活する場所であることを意識した環境作りを行っています。
また、園舎の設計は「子どもたちの生活動線」を最重要視していますが、職員の相互連携や安全・衛生管理の観点も大事にしています。詳細はこちら